テレワークをしながら、開業の準備をする方法

テレワークを推奨する世の中となり、自宅で仕事をする人も増えているようです。
アフターコロナは開業するチャンスの時期ともいえます。
テレワークをしながら、開業する準備をする場合の注意点を考えていきましょう。

1.競業避止義務があるか。
勤務している会社との契約において、競業避止義務がある場合には開業の妨げとなるケースがあります。
この場合には、早期に弁護士などに相談して開業の可否を検討することが望ましいです。

2.開業資金を貯蓄する。
開業資金の目安は生活費3ヶ月分と運転資金(月の経費の3倍程度)を準備しましょう。
テレワークの期間に開業できると、開業資金は少なくなる傾向にあります。

3.年商をしっかり定めましょう。
利益率から最低限の年商を算出することが大切です。
生活ができるだけの利益がないと開業しても、すぐに廃業になりかねません。

アフターコロナに向けて開業の準備を水面下ですすめて、夢を叶えるのもよいかもしれません。

最新情報をチェックしよう!
    >コロナ渦で影響を受けている事業者の皆様へ

    コロナ渦で影響を受けている事業者の皆様へ

    今、本当に必要な情報と対策を提供します。1日でも早い経営改善を目指しましょう!
    ひとりで悩まず、誰かを頼る勇気を持つことも大切です。
    先ずは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

    CTR IMG